地域包括ケア病床、回復期リハビリ病棟を備えた在宅療養支援病院

文字サイズ: [ 通常 ] [ 拡大 ]
山田病院 在宅療養支援病院
  地域包括ケア病床 回復期リハビリテーション病棟 面会・交通案内
  TOP > 病院の概要 > 沿革
病院の概要
院長あいさつ
概要
理念・方針
施設基準
院内案内
当院の取組み
安全管理への取組み
連携医療機関
プライバシーポリシー
診療情報の開示
沿革
病院機能評価
学会発表等

お悩み相談室
沿革
大正14年 初代山田光継、大正9年東京帝国大学医学部卒業後
東金宝町(当時中吉町)にて山田内科小児科医院を開業 《許可病床数15床》
昭和20年 戦災にて焼失の為、山県郡高富町、岐阜市今沢町などにて仮診療
昭和23年 東金宝町にて再建
昭和32年 山田光雄京都大学辞職後、院長に就任
昭和32年 医院南側に鉄筋コンクリート2階建ての入院病棟を建設 《許可病床数20床》
昭和36年 山田病院設立。内科・呼吸器科・消化器科・放射線科を標榜
昭和37年 病院設立に伴い、鉄筋コンクリート3階建ての新病棟が完成 《許可病床数78床》
昭和41年 医療法人和光会設立
昭和61年 病院老朽化の為、新病院建設を計画
昭和63年 新病院建設開始
平成1年 新病院1期工事完成。新たに循環器科・リハビリテーション科を加えて診療を開始
地守研三、岐阜大学第3内科助手を辞職、副院長に就任
平成2年 新病院全館完成
平成6年 新看護体制、在宅末期医療総合診療取得
平成7年 山田光雄院長勇退、地守研三院長就任
平成8年 病院デイケア事業開始。これに伴い許可病床78床から《60床》に変更
平成9年 薬剤管理指導・老人慢性疾患外来総合診療取得
老人デイケア(現通所リハビリテーション)2単位取得
医薬分業により、院外処方開始
平成19年 寺田地区へ病院移転。これに伴い許可病床《60床》から《112床》へ増床
日比野光男院長就任 回復期リハビリテーション病棟開設
平成21年 許可病床《112床》から《120床》に変更
「日本医療機能評価機構」より病院機能評価認定取得
日比野光男名誉院長、呉屋 勲院長就任
平成22年 日比野光男名誉院長勇退
呉屋 勲院長・渡邊正人副院長の新体制
一般病棟看護7:1体制
平成23年 栄養サポートチーム(NST)設立
平成24年 「病棟薬剤業務実施加算」取得
平成25年 完全電子カルテ化
平成26年 地域包括ケア病床開設 療養病棟「在宅復帰機能強化加算」取得

日本医療機能評価機構3rdG:Ver.1.0(一般病院1+リハビリテーション病院)認定
平成28年 一般病棟57床(一般病床28床、地域包括ケア病床29床)
回復期リハビリテーション病棟を56床、計113床に変更
平成29年 岐阜大学医学部附属病院と医療機能連携協定(アライアンスパートナーズ)を締結


山田病院 〒501-0104 岐阜市寺田7丁目110番地
TEL.058-254-1411 FAX.058-254-1413
Copyright©2007 YAMADA HOSPITAL; All rights reserved.
外来案内 入院案内 外来案内