地域包括ケア病床、回復期リハビリ病棟を備えた在宅療養支援病院

文字サイズ: [ 通常 ] [ 拡大 ]
山田病院 在宅療養支援病院
  地域包括ケア病床 回復期リハビリテーション病棟 面会・交通案内
  TOP >各種検査 > ホルター心電図検査
各種検査
経鼻内視鏡検査(胃カメラ)
大腸内視鏡検査
レントゲン検査
CT検査
超音波検査
ホルター心電図検査
骨密度検査
脳波検査

お悩み相談室
ホルター心電図検査
■検査目的

心電図を日常生活下で24時間連続記録することにより、以下のような目的で心拍数の変化、不整脈や狭心症の発作の出現を観察します。特に毎日のように起きるような発作の診断で威力を発揮します。
1 自覚症状と心電図との対応を観察
2 不整脈の診断
3 虚血発作(狭心症など)の診断
4 不整脈、狭心症などの治療効果を観察
5 心臓ぺースメ−カの作動状況を観察

■検査の特徴

入浴の可能なホルター心電図検査!
入浴はくつろぎの時間である反面、心臓に負担がかかり(ヒートショック*) 、年間約1万人にものぼる入浴中の事故が発生しています。
当院では、これまでのホルター心電図検査では実現できなかった入浴中も含めた真の24時間記録を実施しています。また入浴が可能になったことにより、夏季の汗による不快感を軽減することもでき、患者さまに対し、より良い検査が提供できます。
お胸の調子がご不安な方は、外来受診され、医師の指示のもと、検査されてみてはいかがでしょうか?

(*ヒートショック:急激な温度変化により体が受ける影響のことである。リビング・浴室と脱衣所・トイレなど、温度変化の激しいところを移動すると、体が温度変化にさらされ血圧が急変し、脳卒中や心筋梗塞などにつながるおそれがある。日本の入浴中の急死者数は諸外国に比  べて高いとされ、その理由は「お風呂場と浴衣室の温度差」であるとされる。)

 

山田病院 〒501-0104 岐阜市寺田7丁目110番地
TEL.058-254-1411 FAX.058-254-1413
Copyright©2007 YAMADA HOSPITAL; All rights reserved.
外来案内 入院案内 外来案内