地域包括ケア病床、回復期リハビリ病棟を備えた在宅療養支援病院

文字サイズ: [ 通常 ] [ 拡大 ]
山田病院 在宅療養支援病院
  地域包括ケア病床 回復期リハビリテーション病棟 面会・交通案内
  TOP > 部署のご紹介 > 放射線・臨床検査
部署のご紹介
医局
看護・介護
薬局
放射線・臨床検査
リハビリテーション
栄養
地域連携室

お悩み相談室
放射線・臨床検査
放射線・臨床検査 理念

地域の方々が安心して検査を受けていただける様インフォームド・コンセントを密に行ってゆきます。

検査を受けられる患者さまの状態に合わせた、質の高い早急なデータを提供いたします。

患者さまの意向を尊重し、臨機応変な対応を心がけます。

放射線・臨床検査部門よりあいさつ

私たちは、パラメディカルとしての常識を身につけ、和光会の放射線、臨床検査部門のスペシャリストとしての責任と誇りをもち、専門知識・技術の向上に努め、地域医療に積極的に貢献出来る様努力しております。
又、放射線を使用した検査(レントゲン撮影、CT検査、消化管造影検査)は全てデジタル化(フィルムレス化)が完了しており、患者さまの医療被曝低減と同時に、診察までの待ち時間も大幅に短縮されております。

今後も高齢化社会を常に意識し、検査を受けていただく際に、特に高齢者の方に負担にならない様、安心且つ安全な検査、そしてバリヤフリーな環境をご提供いたします。

放射線部門

放射線部では、患者様のおからだの中の様子を見るために、画像診断と称してエックス線を利用するレントゲン撮影( 一般撮影 )、CT撮影、エックス線を用いない超音波検査( 腹部、頸動脈、心臓等 )を行なっています。

・レントゲン検査(一般撮影)
・CT検査
・超音波検査

・骨密度検査

アナログ式からデジタルに
山田病院における放射線検査(レントゲン撮影、CT検査は全てフィルム ( アナログ式 )からデジタル化( フィルムレス化 )がなされました。

〜今までのフィルム ( アナログ ) とデジタルの違い〜
皆様がふだん使っているカメラと同じで、今までのフィルムを現像し使用していたカメラと現在主流のデジタルカメラとの違いと同じようなものです。

という流れです。このように診察の待ち時間も短縮されます。午前中多忙だけど診察を受けたい、夕方帰宅前の時間を利用し検査診察を受けたい等というご要望にも迅速な対応が可能です。


デジタル化(フィルムレス化)により
放射線検査(レントゲン撮影、CT検査)を全てデジタル化( フィルムレス化 )したことにより、診察室に画像専用HDモニター(医用画像ビューワー装置)を設置しました。これにより検査の精度が向上するとともに、検査・診察の迅速化を図ることができるようになりました。



さらに、医療被ばくを低減!
デジタル化になったことにより従来の検査より撮影時に受けるエックス線の量を減らすことが可能で、医療被ばくが低減されています。

「医療被ばく」って?
患者さんや集団検診の方達が、疾病の診断や治療、あるいは健康診断を受ける場合、エックス線などの放射線を使用します。病気の状態を知り治療などに必要な情報を得るという大きなメリットがあるのですが、一方で微量ではありますが放射線を使用するために医療被ばくをすることにもなります。
放射線部では、このリスクをさらに小さくするためにもデジタル化を行ないました。




画像データを駆使して説明に最適な状態に

部分的に拡大したり・・・
色味を調整したり・・・
過去の検査と比較したり・・・

フィルムより分かり易さを実現!



和光会の放射線科では、患者様にはなるべく苦痛を少なく、エックス線の量を少なく、そして迅速かつ正確で、診断価値の高い画像を提供できるよう日々努力しております。
また検査の際は放射線のスペシャリストが優しく対応させていただきますので、どうぞご安心ください。

臨床検査部門

臨床検査部門では、診療時のお身体の状態を評価するために、以下のような検査を行っています。

・ホルター心電図検査
・脳波検査
・頸動脈エコー検査

山田病院 〒501-0104 岐阜市寺田7丁目110番地
TEL.058-254-1411 FAX.058-254-1413
Copyright©2007 YAMADA HOSPITAL; All rights reserved.
外来案内 入院案内 外来案内