地域包括ケア病床、回復期リハビリ病棟を備えた在宅療養支援病院

文字サイズ: [ 通常 ] [ 拡大 ]
山田病院 在宅療養支援病院
  地域包括ケア病床 回復期リハビリテーション病棟 面会・交通案内
  TOP > 部署のご紹介 > リハビリテーション
部署のご紹介
医局
看護・介護
薬局
放射線・臨床検査
リハビリテーション
栄養
地域連携室

お悩み相談室
リハビリテーション
リハビリテーション科理念

和光会の理念を基盤とし、住み慣れた生活環境の中で生き生きと安心して生活できるリハビリテーションサービスに努めます。
常に患者さまの立場を尊重し、寝たきりの予防と日常生活動作の獲得を図り、家庭復帰 に向けたリハビリテーションメニューを提供します。
専門分野の垣根を越えて、互いの知識や技術、経験を活かし合い、患者さまにとって最善のチーム医療サービスを提供致します。

リハビリテーション科理念


科長あいさつ

普段、我々は無意識に重力に抗して身体を動かし、日常生活を送っていることを考えれば、不必要な安静・臥床は決して良いことではなく、心身機能の低下(廃用症候群といいます)を招く要因であることは容易に理解できます。
本院リハビリテーション科では、廃用症候群の予防に努め、残存した心身機能を最大限に活かし、日常生活の自立・向上を図ります。
そのために、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の各専門職種が、患者さまお一人おひとりの障害の程度に合わせたよりアクティブでより実用的なリハビリテーションメニューを提供致します。
リハビリテーション科 科長 山田 和政


施設紹介

機能訓練室

4階フロアに、446uの機能訓練室があります。数多くのリハビリテーション機器を取り揃え、豊富なリハビリテーションメニューを提供できるようにしています。

機能訓練室

屋外庭園

機能訓練室に隣接して屋外庭園があります。東側に金華山を眺めながら屋外での歩行訓練が行えます。

屋外庭園
屋外庭園

部門紹介

理学療法

理学療法

 理学療法では、廃用症候群の防止に向けたアクティブなプログラムを実施するとともに、身体機能の向上と日常生活動作の獲得を図り、在宅復帰を目指します。そのため、日々の理学療法(訓練)効果を、重心動揺計や三次元動作解析装置などの評価機器を用いて数値化し、より効果的な理学療法プログラムの立案に努めています。



作業療法

作業療法

 作業療法では、病気や事故等で生じた障害に対して、身体機能訓練や日常生活動作訓練を実施しています。
特に日常生活に重点を置き、障害を持っても個々の残された機能を最大限に活かし、その人らしい生活を送れるように、一人ひとりに合った動作方法や道具を工夫し、患者さま、ご家族を支援します。
また、作業活動を訓練に取り入れる事で全身持久力の維持・改善をはかると共に、精神的なサポートを実施し、退院後自立した生活を送れるよう住宅環境の指導や、ご家族への介助指導を積極的に行っています。



言語聴覚療法

言語療法

 言語療法では、脳卒中等によって生じたコミュニケーション障害(失語症や構音障害など)に対して、必要な検査及び評価を基に訓練を実施し、コミュニケーション能力の維持・向上を図ります。
また、適切な代償手段を検討し患者さま、ご家族を支援します。
嚥下機能(=飲み込みの力)の障害に対しては、機能改善のための基礎的トレーニングを行なうとともに、多職種で連携して、食形態・姿勢・方法などの食事環境の調整を行ない、安全に食事がとれるように支援します。




←前に戻る ページの先頭へ↑
山田病院 〒501-0104 岐阜市寺田7丁目110番地
TEL.058-254-1411 FAX.058-254-1413
Copyright©2007 YAMADA HOSPITAL; All rights reserved.
外来案内 入院案内 外来案内