地域包括ケア病床、回復期リハビリ病棟を備えた在宅療養支援病院

文字サイズ: [ 通常 ] [ 拡大 ]
山田病院 在宅療養支援病院
  地域包括ケア病床 回復期リハビリテーション病棟 面会・交通案内
  TOP > 部署のご紹介 > 薬局
部署のご紹介
医局
看護・介護
薬局
放射線・臨床検査
リハビリテーション
栄養
地域連携室

お悩み相談室
薬局

 山田病院の薬剤部では、院内全ての薬を正しく、安全に使っていただくために、様々な取り組みを行っております。

≪病棟専任(病棟配置)薬剤師の業務≫
●医薬品の投薬・注射状況の把握。
●使用している医薬品の医薬品安全性情報等の把握及び周知並びに医療従事者からの相談
応需。
● 入院時の持参薬の確認及び服薬計画の提案。
● 2種以上(注射薬及び内用薬を1種以上含む。)の薬剤を同時に投与する場合における
投与前の相互作用の確認。
●ハイリスク薬等に係る投与前の詳細な説明。
●薬剤の投与にあたり、流量又は投与量の計算等の実施。   ・・・など


無菌調剤室のご紹介
山田病院の薬剤部には「無菌調剤室」が設置されており、クラス100のクリーンベンチが設置されています。
クリーンベンチとは、環境空気をHEPAフィルター(空気中からゴミ、塵埃などを取り除き、清浄空気にする目的で使用するエアフィルタの一種)でろ過して、埃や雑菌の混入を防ぐ装置で、調剤作業において品質を確保することができます。
清浄度の単位を「クラス」と言いますが、クラス100のクリーンベンチは、外科手術室並の空気清浄度といえます。
無菌調剤室では、高い衛生状態が求められる高カロリー輸液を必要とする患者様の中心静脈栄養点滴を調製いたします。薬剤師が無菌的に点滴薬の調製を行うことで感染性の軽減など、品質管理に努めています。

無菌調剤室 無菌調剤室


 また、医師による処方内容に、薬剤師の視点からも疑問等がないかを再確認し、患者さま自身に最も適した投与形態にてお薬の提供が出来るようにしております。このように、患者さまがより良い医療をお受けいただけますよう、チーム医療の一員として医師・看護師等と共に、治療の支援を行っております。

その他、お薬の悩みや副作用についてのお問い合わせ等ございましたら、
当院の スペシャリスト(薬剤師)にご遠慮なくお尋ねください。

 

山田病院 〒501-0104 岐阜市寺田7丁目110番地
TEL.058-254-1411 FAX.058-254-1413
Copyright©2007 YAMADA HOSPITAL; All rights reserved.
外来案内 入院案内 外来案内