地域包括ケア病床、回復期リハビリ病棟を備えた在宅療養支援病院

文字サイズ: [ 通常 ] [ 拡大 ]
山田病院 在宅療養支援病院
  地域包括ケア病床 回復期リハビリテーション病棟 面会・交通案内
  TOP > 外来のご案内 > 診療科目・時間・専門外来 > リハビリについて
小児リハビリテーション
ご案内
リハビリを始めるには
リハビリについて
よくある質問
お問い合わせ
各種書類ダウンロード

小児リハビリテーションパンフレットダウンロード
小児リハビリスタッフ募集
お悩み相談室
小児リハビリテーション
理学療法:座る・立つ・歩くなどの体を動かすなど、運動機能に関する訓練

【対象となる事例】
・よくつまづいて転びやすかったり、歩き方や走り方がふらふらしている
・階段や段差を怖がる
・首のすわりやはいはい、歩くといった運動発達の遅れが気になる
・脳性まひなど、生まれつきの障がいで運動発達の遅れや変形、拘縮を予防したい
・車いすや靴、装具の作成をしたい

【取り組み】理学療法士による訓練の様子

@興味のあるもので遊びながら運動発達を促しています。

遊びながら運動発達を促す 遊びながら運動発達を促す

 

A義肢装具士と連携して、一人ひとりにあわせた装具の作成を行います。

一人ひとりにあわせた装具の作成 一人ひとりにあわせた装具の作成

 

作業療法:身の回りの活動、遊び、作業活動などの日常生活に関する訓練

【対象となる事例】
・ボタンやスプーンなどの操作が上手にできない
・製作活動が苦手
・座ったり姿勢をきれいに保つことが苦手
・縄跳びなどの運動がぎこちない
・飛んでくるボールがうまく捕れない
・黒板の書き写しがうまくできない

【取り組み】作業療法士による訓練の様子

@目と手のチームワークや、力の加減の練習をしています。遊びを通して手の使い方を学びます。

目と手のチームワークや、力の加減の練習

 

A四つ這いの姿勢や運動遊びを通して、姿勢保持の練習をしています。

トンネルくぐり

 

言語聴覚療法:食事とコミュニケーションに関する訓練

【対象となる事例】
・ことばの発達がゆっくり
・発音がはっきりしない、どもることがある
・友達とトラブルになりやすい
・目が合いにくく、1人で遊んでいる
・うまく食べられずに、むせたり、噛まずに丸飲みする
・口が開いていて、よだれが多い
・文字の読み書きがなかなかできない
・指示やルールの理解がいまいちできない

【取り組み】言語聴覚士による訓練の様子

@構音訓練では、口腔の操作を意識して発音を促します。

構音訓練 構音訓練

 

A物事の流れを理解し、ことばの表現を伸ばす訓練などを行っています。

表現力を高める訓練 表現力を高める訓練

山田病院 〒501-0104 岐阜市寺田7丁目110番地
TEL.058-254-1411 FAX.058-254-1413
Copyright©2007 YAMADA HOSPITAL; All rights reserved.
外来案内 入院案内 外来案内