地域包括ケア病床、回復期リハビリ病棟を備えた在宅療養支援病院

文字サイズ: [ 通常 ] [ 拡大 ]
山田病院 在宅療養支援病院
  地域包括ケア病床 回復期リハビリテーション病棟 面会・交通案内
  TOP > 歩行支援機「アクシブ」について
歩行支援機「アクシブ」について

お悩み相談室
歩行支援機「アクシブ」について
歩行支援機「アクシブ」
歩行支援機「アクシブ」

山田病院が開発に協力している歩行支援機「アクシブ」がTBS夢の扉で取り上げられました!

脳卒中などで片足にまひが残った人のリハビリを助ける歩行支援機「ACSIVE(アクシブ)」を、9月9日、名古屋工業大学の佐野明人教授と、義足メーカーの今仙技術研究所(岐阜県)が共同発表しました。自力で歩く二足歩行ロボットをヒントにした、モーターも電源もいらない装具です。

和光会では今後、山田病院以外のリハビリ施設においても、アクシブを積極的に導入していく方向です。ご期待ください!

以前テレビでも放映され,和光会において体験会を行った歩行支援機『ACSIVE』について、リハビリスタッフ向けの勉強会が2月5日(木)に山田病院リハビリテーション室にて行われました。

義足メーカーの今仙技術研究所(岐阜県)のスタッフの方にも来院頂き、ACSIVEについての説明・装着方法を聞き、実際に装着体験をいたしました。

これまでは、どちらかというと通所系スタッフ(G☆star等)が関わりの中心となることが多かったACSIVEですが、日常の治療アプローチとして活用ができる、大変実りある勉強会となりました。

ACSIVEのカタログ、動画につきましては下記、今仙技術研究所のホームページをご覧下さい。

※山田病院では、ACSIVEを使った歩行のリハビリ(木曜日 午前中)を受診できるよう今仙技術研究所にて受付をしております。

予約制となりますので、ご希望の木曜日(午前中)を下記お問い合わせ先にお電話ください。今仙技術研究所では、事前に予約の調整をさせていただき、結果をお知らせいたします。
その後、医師の診察と専門の理学療法士による「歩行のリハビリ」を行っていくという流れとなります。
尚、希望日については沿えない場合もございますので、予めご了承ください。
※ご予約なしでの受診はできませんので、予めご了承ください。

ご希望される方は、下記お問合せ先へご連絡をお願い致します。

■お問い合わせ先
株式会社今仙(いません)技術研究所
特販課 担当:五島、伴野、鵜飼
TEL.058-379-2727
歩行支援機アクシブ体験ができます!
山田病院 〒501-0104 岐阜市寺田7丁目110番地
TEL.058-254-1411 FAX.058-254-1413
Copyright©2007 YAMADA HOSPITAL; All rights reserved.
外来案内 入院案内 外来案内