人間ドック・健康診断・訪問診療は山田メディカルクリニック

文字サイズ: [ ] [ ] [ ]
医療法人和光会 山田メディカルクリニック
駐車場案内
【受付時間】 午前 9:00-12:00(月〜土) 午後 13:30-15:30(月・火・水・金)
夕診16:00-18:00(月・火・水・金) 【休診】日曜・祝日
【所在地】 〒500-8167 岐阜市東金宝町1-12(無料駐車場完備)
TEL.058-265-1411【アクセス方法はこちら
クリニック概要 外来診療 在宅医療 外来担当医表 外来担当医師各種検査 健康診断・人間ドック よくある質問
受診するには
循環器外来
HOME > 心房細動について

心房細動について

最近、心房細動という不整脈の名前をよく聞くようになったと思います。

心房細動とは、心房が不規則かつ小刻みに収縮する不整脈で、加齢に伴って増加することが知られています。動悸で受診したり、検診で偶発的に発見されることも多いです。ストレスや飲酒が誘因となることもあります。

図7は、70代男性の運動中に誘発された心房細動を示しています。運動負荷中に心房性期外収縮(矢印)が頻発し始めると、期外収縮の連発(矢印)をきたすようになり、ついには心房細動へ移行する様子が見られました。

運動負荷心電図中の心房細動の誘発 自験例

図7(運動負荷心電図中の心房細動の誘発 自験例)

心房細動は、放置しておくと心不全を起こしたり、脳梗塞を発症する可能性のある不整脈です。特に心房細動による脳梗塞は、左心房内に生じた大きな血栓がはがれて血流に乗り、脳動脈に塞栓症をおこすため、大きな脳梗塞を起こすことが多く、半身麻痺や寝たきりなどの重篤な後遺症を残すことがあります(図8)。

そのため、リスクに応じて、抗凝固薬を予防的に服用することが推奨されています。

60代女性 心房細動の経過中に発症した脳梗塞 自験例

図8(60代女性 心房細動の経過中に発症した脳梗塞 自験例)

以前は、抗凝固薬はワーファリンの1種類でしたが、近年、新規の抗凝固薬が発売されました。
ワーファリンは、患者様によって効き具合が大きく異なり、体調その他による影響も受けやすいため、それぞれの服薬量を決定するためには、採血による定期的なモニタリングが必要でした。

また食事制限(納豆やクロレラ)が必要であったり、他の薬剤との相互作用を受けやすいという面もありました。新規抗凝固薬では、このような食事制限は不要であり、また容易に内服量の設定ができるようになりました(ただし、腎機能、体重、年齢などによる減薬が必要なことがあります)。

当院には不整脈専門医がおり、専門的な薬物治療が可能です。ぜひご相談ください。

→次に進む
 
←前に戻る ↑ページトップへ
和光会についてプライバシーポリシー採用情報お問い合わせリンクサイトマップ
医療法人 和光会 山田メディカルクリニック
〒500-8167 岐阜市東金宝町1-12 TEL.058-265-1411 FAX.058-263-3399
Copyright©2008 WAKOKAI; All rights reserved.