人間ドック・健康診断・訪問診療は山田メディカルクリニック

文字サイズ: [ ] [ ] [ ]
医療法人和光会 山田メディカルクリニック
駐車場案内
【受付時間】 午前 9:00-12:00(月〜土) 午後 13:30-15:30(月・火・水・金)
夕診16:00-18:00(月・火・水・金) 【休診】日曜・祝日
【所在地】 〒500-8167 岐阜市東金宝町1-12(無料駐車場完備)
TEL.058-265-1411【アクセス方法はこちら
クリニック概要 外来診療 在宅医療 外来担当医表 外来担当医師各種検査 健康診断・人間ドック よくある質問
受診するには
循環器外来
HOME > 専門病院との連携

専門病院との連携

専門病院との連携
当院を訪れた患者様に、高度な検査や治療が必要と判断される場合は、近隣の専門病院の循環器科と連携して精密検査や治療を行わせていただいております。

狭心症や心筋梗塞では、CT(Computed Tomography:コンピューター断層撮影)によって心臓の血管の状態を描出したり、カテーテル検査で冠動脈造影を行うことになります。

心筋シンチグラフィ(放射性同位元素を利用して心臓の血流を推測する検査)による診断も行われています。

治療としては、循環器内科にて経皮的冠動脈形成術(血管の狭くなったところをバルーンで拡げたり、ステントを入れたりする風船治療)を行ったり、胸部外科にて冠動脈バイパス術を行うことがあります。
下肢の動脈硬化症(閉塞性動脈硬化症)に対してもカテーテル治療が行われることがあります。

また、脈がゆっくりになったり、途切れたりして、ふらつきや失神をきたすときには、心臓ペースメーカーの植込みが必要な時があります。

逆に、脈が速くなってしまうと動悸や失神を起こすこともあります。

このような場合には薬物治療を行ったり、カテーテルアブレーション(心筋焼灼術)といって、細い電極のついたカテーテルを脚や首の血管から挿入して、心臓の筋肉の一部を焼く治療によって不整脈をコントロールすることも行われます。

失神やふらつきを引き起こす重篤な頻脈性不整脈に対しては、適応に応じて薬物治療やアブレーション、ICD(植え込み型除細動器)植込みが行われます。

当院は循環器専門医が治療に当たっており、専門的な薬物治療が可能です。

また、高度な循環器治療を行える近隣の専門病院と連携を取っておりますので、安心して治療を受けていただけます。

←最初に戻る
 
←前に戻る ↑ページトップへ
和光会についてプライバシーポリシー採用情報お問い合わせリンクサイトマップ
医療法人 和光会 山田メディカルクリニック
〒500-8167 岐阜市東金宝町1-12 TEL.058-265-1411 FAX.058-263-3399
Copyright©2008 WAKOKAI; All rights reserved.